SMAP報道にショックが隠しきれません

1月の独立騒ぎ以来、様々なおkj測が流れていたSMAPが、先日、解散を発表しましたね。
深夜の発表だったので、朝一番にニュースを目にしてショックを受けたファンの方も多かったのではないでしょうか。

私は別にSMAPにも特定のメンバーにも別に思い入れはないのです。
でも、1月以来の報道された情報に対しては、違和感が半端ありません。

まず、流れてくる情報です。
1月以来、スポーツ新聞やテレビのワイドショーの情報は、すべて、メンバーの誰がどう言ったからこんな結果になった、みたいな情報ばかりです。
そしてそれをもとに、ネットの掲示板も町のおばさんたちも、犯人探しに明け暮れる...。
この状況って絶対におかしいです。

SMAPは、ジャニーズ事務所という企業にとって、長年にわたっての看板商品の一つだったはず。
それが解散という形になるのであれば、とりあえず外向きには内紛を隠して、「当社の事情により、このような結果になりました。ファンの皆様、関係各所にはお詫び申し上げます。」みたいなことを言って丸く収めようとするのが普通ではないか、と思うのです。

もちろん人気商売なので、内情が漏れてしまうのは仕方がないです。
でもその時には、「メンバーにこれ以上傷がつかないような対処を、会社として取り続けれた」という姿勢を見せれば良いのです。
そうすることで、メンバー一人一人はもちろん、会社としての評判も保たれる、と考えるのが普通だと思うのですが...。

しかも発表のタイミングはオリンピックの最中。
メンバーの一人が中継番組の司会を務め、応援曲も提供中、というこのタイミングでの発表。
ジャニーズ事務所として、TBSに迷惑がかかるというような発想はなかったのでしょうか?

人気タレントは他にもいっぱいいる大手事務所だからって、これで済んでしまうのでしょうか。
だとすれば、芸能界って一般社会の常識が通じない、特殊な世界なんですね。

一般人の私はコツコツお小遣いかせぎに宅配買取でもしようと思います。
テレビでよく聞くブランディアにしようかな。→ブランディア